法度(読み)はっと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法度
はっと

法制史にみえるもので,法令を意味する。戦国時代の分国法において,法典名として,「式目」「壁書」などと並んで用いられた。『相良氏法度』『甲州法度』『結城氏新法度』『吉川氏法度』などは,特に有名である。江戸幕府は,この分国法の例にならい,その中心的法典を,『武家諸法度』『禁中並公家諸法度』と命名した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっと【法度】

法も度も〈のり〉(法則,規則)の意で,おきて,さだめ,法を意味する言葉。鎌倉幕府はもちろんのこと室町幕府も戦国時代に至るまで,みずからの制定法を〈法度〉と称した例はない。もちろん〈法度〉という言葉自体は中世を通じて使用されているが,この場合も公権力の制定法をさすのではなく,〈おきて〉〈さだめ〉などの意で用いられている。この〈法度〉が公権力の制定法をさす称呼として一般的に現れるのは,戦国大名の個別法令である分国法においてであり,やがてこれが江戸幕府にも継承され,武家諸法度のように制定法の名称として定着した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はっと【法度】

禁止されている事柄。 「門限破りは御-になっている」
武家時代の法令。近世においては武家諸法度・禁中並公家諸法度・寺院法度・諸士法度がある。
おきて。法律。 「政道の-/梅松論」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法度
はっと

中世・近世において法令を意味する語。戦国時代に、肥後(熊本県)相良(さがら)家にみられるように、分国法典を何々法度とよぶものがあったが、江戸幕府が禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)(禁中并公家中諸法度)、武家諸法度という法令を制定してより、法令、ことに基本的な法令を法度とよぶことが行われるようになった。武家諸法度のように重要なものは、老中が将軍の裁許を経て制定した。普通の法令は法度の名を帯びることなく、庶民に触れられるものは触書(ふれがき)、奉行(ぶぎょう)などの役人に対するものは達(たっし)の形式で発せられた。何々法度とよばれるもののなかには、のちに付名したものもあるから、注意しなければならない。たとえば、諸士法度とよばれるものは「条々」として制定されたもので、後人がこれに「諸士法度」という名称を与えたのである。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法度の関連情報