コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法度 はっと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法度
はっと

法制史にみえるもので,法令を意味する。戦国時代の分国法において,法典名として,「式目」「壁書」などと並んで用いられた。『相良氏法度』『甲州法度』『結城氏新法度』『吉川氏法度』などは,特に有名である。江戸幕府は,この分国法の例にならい,その中心的法典を,『武家諸法度』『禁中並公家諸法度』と命名した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はっ‐と【法度】

禁じられていること。してはならない事柄。「酒の席で仕事の話は御法度だよ」
おきて。法。特に、中世・近世における法令。江戸幕府が制定した武家諸法度禁中並公家諸法度など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法度【はっと】

中世・近世の法規。戦国大名の分国法において公権力制定法を意味する呼称となる。江戸時代は武家諸法度禁中並公家諸法度寺院法度等が有名。江戸中期以後は法度を〈禁制〉の意味にも用いるようになった。
→関連項目掟書

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっと【法度】

法も度も〈のり〉(法則,規則)の意で,おきて,さだめ,法を意味する言葉。鎌倉幕府はもちろんのこと室町幕府も戦国時代に至るまで,みずからの制定法を〈法度〉と称した例はない。もちろん〈法度〉という言葉自体は中世を通じて使用されているが,この場合も公権力の制定法をさすのではなく,〈おきて〉〈さだめ〉などの意で用いられている。この〈法度〉が公権力の制定法をさす称呼として一般的に現れるのは,戦国大名の個別法令である分国法においてであり,やがてこれが江戸幕府にも継承され,武家諸法度のように制定法の名称として定着した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はっと【法度】

禁止されている事柄。 「門限破りは御-になっている」
武家時代の法令。近世においては武家諸法度・禁中並公家諸法度・寺院法度・諸士法度がある。
おきて。法律。 「政道の-/梅松論」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法度
はっと

中世・近世において法令を意味する語。戦国時代に、肥後(熊本県)相良(さがら)家にみられるように、分国法典を何々法度とよぶものがあったが、江戸幕府が禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)(禁中并公家中諸法度)、武家諸法度という法令を制定してより、法令、ことに基本的な法令を法度とよぶことが行われるようになった。武家諸法度のように重要なものは、老中が将軍の裁許を経て制定した。普通の法令は法度の名を帯びることなく、庶民に触れられるものは触書(ふれがき)、奉行(ぶぎょう)などの役人に対するものは達(たっし)の形式で発せられた。何々法度とよばれるもののなかには、のちに付名したものもあるから、注意しなければならない。たとえば、諸士法度とよばれるものは「条々」として制定されたもので、後人がこれに「諸士法度」という名称を与えたのである。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

法度の関連キーワード諸社禰宜神主法度諸宗寺院法度今川仮名目録公家諸法度金地院崇伝法度・村掟結城家法度以心崇伝旗本法度信玄家法石井良助武家法御法度村掟バン村極政道村定大禁禁法

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法度の関連情報