はれ(読み)ハレ

デジタル大辞泉の解説

はれ

[感]
謡物の囃子詞(はやしことば)。
「新(あらた)しき年の始めにや斯くしこそ―斯くしこそ」〈催馬楽・新しき年〉
驚いたとき、また感嘆したときに発する語。あれ。まあ。
「―、こりゃまた仕合はせでござりまする」〈狂言記・吟じ聟〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

はれ

えすとえむによる漫画作品。遠距離恋愛を続ける女性が彼の田舎での秋祭りを楽しむ話。『FEEL YOUNG』2009年3月号に掲載。祥伝社「作品集 このたびは」(FEEL YOUNG COMICS)に収録されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

はれ

( 感 )
驚いたり、感嘆したりして発する語。ああ。まあ。 「 -、すりや又仕合せでござりまする/狂言記・吟聟」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はれの関連情報