はれ(読み)ハレ

デジタル大辞泉の解説

はれ

[感]
謡物の囃子詞(はやしことば)。
「新(あらた)しき年の始めにや斯くしこそ―斯くしこそ」〈催馬楽・新しき年〉
驚いたとき、また感嘆したときに発する語。あれ。まあ。
「―、こりゃまた仕合はせでござりまする」〈狂言記・吟じ聟〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

はれ

えすとえむによる漫画作品。遠距離恋愛を続ける女性が彼の田舎での秋祭りを楽しむ話。『FEEL YOUNG』2009年3月号に掲載。祥伝社「作品集 このたびは」(FEEL YOUNG COMICS)に収録されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

はれ

( 感 )
驚いたり、感嘆したりして発する語。ああ。まあ。 「 -、すりや又仕合せでござりまする/狂言記・吟聟」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はれ

〘感動〙
① 謡い物のはやしことば。「やれ」「やあ」などの類。
※東遊(10C後)一歌「をををを 者礼(ハレ)な 手を調(ととの)へろな」
② あきれたり、感嘆したり、危惧したりする時に発することば。
※狂言記・法師物狂(1660)「はれ、ひょんな事をおっしゃる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はれの関連情報