えごま

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

えごま[葉茎菜類]

東北地方、宮城県の地域ブランド。
主に加美郡色麻町で生産されている。シソ科の植物で、じゅうねんとも呼ばれる。脂質に含まれる
α-リノレン酸は、がん抑制や抗アレルギー作用をもち、健康食品として注目されている。油の原料にもなる。最近ではえごま油のほか、煎餅やクッキーなども販売されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

えごまの関連情報