ぱかぱか

精選版 日本国語大辞典「ぱかぱか」の解説

ぱか‐ぱか

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 馬のかろやかに歩む(ひづめ)の音を表わす語。
※土(1910)〈長塚節〉一四「ぱかぱかぱかぱかと蹄に傚うて拍子取ったを立てながら」
、口などが大きく開くさまを表わす語。
※少年行(1907)〈中村星湖〉六「目をパカパカ開いてて柔順(おとな)しい事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぱかぱか」の解説

ぱか‐ぱか

[副]
馬が軽やかに歩むときの、ひづめが鳴る音。「馬がぱかぱか(と)歩く」
隙間ができていて、ぴったり合わないさま。「大きすぎてぱかぱかの靴」
閉じているものを繰り返し開くさま。「携帯電話ぱかぱか(と)開け閉めする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android