コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村星湖 なかむら せいこ

6件 の用語解説(中村星湖の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中村星湖

名将為。小説家、翻訳家。早大英文卒。明治17年(1884)山梨県生。昭和49年(1974)歿、90才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

中村星湖【なかむらせいこ】

小説家,評論家。本名将為(まさため)。山梨県生れ。中学時代から文芸雑誌に投稿し,坪内逍遥らに知られた。1907年《少年行》が《早稲田文学》に一等当選,出世作となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村星湖 なかむら-せいこ

1884-1974 明治-昭和時代の小説家。
明治17年2月11日生まれ。40年「少年行」が「早稲田文学」の懸賞小説に当選。同誌の記者となり,自然主義文学の作品,評論を発表する。戦後,山梨学院短大教授。昭和49年4月13日死去。90歳。山梨県出身。早大卒。本名は将為(まさため)。短編集に「星湖集」「女のなか」,訳書にフロベールボバリー夫人」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なかむらせいこ【中村星湖】

1884~1974) 小説家。山梨県生まれ。本名、将為。早大卒。自然主義的な人間記録をめざし、平凡な人生の確執を地方色豊かな自然とともに描いた。「少年行」、短編集「半生」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村星湖
なかむらせいこ

[生]1884.2.21. 山梨,河口
[没]1974.4.13. 東京
小説家,翻訳家。本名,将為。別号,銀漢子。 1907年早稲田大学英文科卒業。同年『少年行』が『早稲田文学』の懸賞小説に1等当選して文壇に進出。文芸時評を執筆するかたわら,すぐれた短編を書き,『半生』 (1908) ,『星湖集』 (10) ,『漂泊』 (13) ,『失はれた指輪』 (19) などを残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村星湖
なかむらせいこ
(1884―1974)

小説家。本名将為(まさため)。山梨県生まれ。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。1907年(明治40)早大在学中、『少年行』が『早稲田文学』の懸賞募集に入選して認められ、卒業後『早稲田文学』の記者となり、自然主義系統の作家として大正末ごろまで小説、評論、翻訳を発表した。その後農民芸術に関心を寄せたり、教壇に立ったりしたが、45年(昭和20)郷里に引きこもり、以後晴耕雨読の生活を送った。作品集に『半生』(1908)、『星湖集』(1910)、『漂泊(ひょうはく)』(1913)などがあり、翻訳には『ボリー夫人』(1916)などがある。[畑 実]
『『明治文学全集72 中村星湖他集』(1969・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone