コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村星湖 なかむら せいこ

美術人名辞典の解説

中村星湖

名将為。小説家、翻訳家。早大英文卒。明治17年(1884)山梨県生。昭和49年(1974)歿、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中村星湖【なかむらせいこ】

小説家,評論家。本名将為(まさため)。山梨県生れ。中学時代から文芸雑誌に投稿し,坪内逍遥らに知られた。1907年《少年行》が《早稲田文学》に一等当選,出世作となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村星湖 なかむら-せいこ

1884-1974 明治-昭和時代の小説家。
明治17年2月11日生まれ。40年「少年行」が「早稲田文学」の懸賞小説に当選。同誌の記者となり,自然主義文学の作品,評論を発表する。戦後,山梨学院短大教授。昭和49年4月13日死去。90歳。山梨県出身。早大卒。本名は将為(まさため)。短編集に「星湖集」「女のなか」,訳書にフロベールボバリー夫人」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかむらせいこ【中村星湖】

1884~1974) 小説家。山梨県生まれ。本名、将為。早大卒。自然主義的な人間記録をめざし、平凡な人生の確執を地方色豊かな自然とともに描いた。「少年行」、短編集「半生」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村星湖
なかむらせいこ

[生]1884.2.21. 山梨,河口
[没]1974.4.13. 東京
小説家,翻訳家。本名,将為。別号,銀漢子。 1907年早稲田大学英文科卒業。同年『少年行』が『早稲田文学』の懸賞小説に1等当選して文壇に進出。文芸時評を執筆するかたわら,すぐれた短編を書き,『半生』 (1908) ,『星湖集』 (10) ,『漂泊』 (13) ,『失はれた指輪』 (19) などを残した。ほかにモーパッサンの翻訳もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村星湖
なかむらせいこ
(1884―1974)

小説家。本名将為(まさため)。山梨県生まれ。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。1907年(明治40)早大在学中、『少年行』が『早稲田文学』の懸賞募集に入選して認められ、卒業後『早稲田文学』の記者となり、自然主義系統の作家として大正末ごろまで小説、評論、翻訳を発表した。その後農民芸術に関心を寄せたり、教壇に立ったりしたが、45年(昭和20)郷里に引きこもり、以後晴耕雨読の生活を送った。作品集に『半生』(1908)、『星湖集』(1910)、『漂泊(ひょうはく)』(1913)などがあり、翻訳には『ボリー夫人』(1916)などがある。[畑 実]
『『明治文学全集72 中村星湖他集』(1969・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中村星湖の関連キーワード豊島与志雄坂本 石創中村 星湖加宮 貴一石原 八束福地 文乃農民文学縄田一男福地文乃島村抱月米沢順子田山花袋犬田卯確執

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android