コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひめきゅうり

デジタル大辞泉プラスの解説

ひめきゅうり

栃木県で生産されるキュウリ。長さ約14~15cmで出荷するミニキュウリ。品種名は「サラ」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ひめきゅうり[果菜類]

関東地方、栃木県地域ブランド
主に栃木市で生産されている。普通のきゅうりよりも小さく、長さは約14cm〜15cm。色は濃緑で味も良い。皮が薄く、サラダ浅漬けなどに主に利用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

ひめきゅうりの関連キーワード関東地方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android