栃木市(読み)とちぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栃木〔市〕
とちぎ

栃木県南部,足尾山地の南東斜面から下野平野に広がる市。南端部で群馬県,埼玉県,茨城県に接する。北西部に佐野市の飛び地がある。1937年市制。1954年大宮村,皆川村,吹上村,寺尾村の 4村,1957年国府村を編入,2010年大平町,藤岡町,都賀町の 3町と合体。2011年西方町,2014年岩舟町を編入。中心市街地の栃木は,中世には皆川氏の城下町として発展。以後は日光例幣使街道の宿場町,巴波川の河川交通による河港,市場町を兼ねて繁栄。明治4(1871)年栃木県庁が設置され,1884年宇都宮市に移転するまで県政の中心であった。かつてはタイマ(大麻)の集散地で,下駄の製造で栄えた。石灰,瓦,味噌などの在来工業に加え,一般機械工業,輸送用機械工業も行なわれる。古い家並みを残し,観光地としても知られる。宮目神社付近は下野国庁跡として国の史跡に指定。西部に国指定重要文化財の本殿をもつ村檜神社(むらひじんじゃ)がある。1918年に利根川渡良瀬川の洪水防止のため造成された渡良瀬遊水地周辺では,自生するアシを加工したよしずを特産する。市域の一部は太平山県立自然公園唐沢山県立自然公園に属する。東北自動車道が通り,インターチェンジがある。面積 331.5km2。人口 15万9211(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木市の関連情報