ひらりくるり

精選版 日本国語大辞典の解説

ひらり‐くるり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 空中にひるがえり、まわるさまを表わす語。
幸若・なすの与市(室町末‐近世初)「くるりをかまへてたてたれば、浜風ははげししひらりくるりとまふたるは」
② 空中にひるがえってきらめくさま、鉾などをふりまわすさまを表わす語。
※幸若・ほり川(室町末‐近世初)「ひとそりそったる長刀を、ひらりくるりとまはひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android