びたつく

精選版 日本国語大辞典「びたつく」の解説

びた‐つ・く

〘自カ四〙 (「つく」は接尾語)
① べたべたする。べたつく。
※俳諧・毛吹草(1638)七「もすそびたつく宮城野の露 あま笠を着て行人やみさふらひ」
異性にやたらにつきまとう。べたつく。
※評判記・嶋原集(1655)松之部「お茶は、初対面にても、望次第。百服にても立(たつる)、ひたつきて、笑止千万なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android