笑止千万(読み)しょうしせんばん

精選版 日本国語大辞典「笑止千万」の解説

しょうし‐せんばん セウシ‥【笑止千万】

〘名〙 (形動)
① たいそう気の毒なこと。また、そのさま。
※高野山文書‐天正一三年(1585)一〇月六日・帥法印歓仲書状「仍当山御寺領分御検知之儀、如仰、笑止千万令存候」
※仮名草子・可笑記(1642)三「世上にて御身をうつけの様にとりさた仕る。笑止千万(セウシセンバン)
② ひじょうにばかばかしく、笑うべきこと。また、そのさま。
※俳諧・類柑子(1707)中「かへる雁俊乗坊のきびすとも〈里東〉 でも集歟笑止千万〈堤亭〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「笑止千万」の解説

笑止千万

非常にばかばかしく、笑うべきこと。

[活用] ―な。

[使用例] あなたがたから見て笑止千万な事もその時の私には実際大困難だったのです[夏目漱石*こゝろ|1914]

[使用例] 食ってうまくないものを怪しみもせず、無神経に食べて、腹ふくらし病気ばかりしているひとびとの姿は、まことに笑止千万といいたい[北大路魯山人*美食七十年の体験|1954]

[解説] 「笑止」はばかばかしいこと。「千万」は程度がはなはだしいこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「笑止千万」の解説

しょうし‐せんばん〔セウシ‐〕【笑止千万】

[形動][文][ナリ]
非常にこっけいなさま。「笑止千万な話」
たいそう気の毒なさま。
「さても不慮なる事—」〈浮・万金丹・二〉
[類語]ばかばかしい馬鹿らしい馬鹿臭い詰まらない馬鹿愚か愚かしい阿呆らしい阿呆臭い下らない馬鹿げる愚劣無思慮ぶしりょ無考え浅はか浅薄せんぱく軽はずみ軽率笑い事笑止片腹痛い噴飯物噴飯笑い大笑い高笑い哄笑爆笑呵呵大笑抱腹絶倒笑い崩れる笑いける笑い転げる吹き出す腹の皮をよじ腹の皮を腹を抱える御中おなかを抱えるおとがいを解く愚にも付かぬへそで茶を沸かすへそ茶聞いてあきれるちゃんちゃらおかしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android