コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふうだ フウダ

2件 の用語解説(ふうだの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふうだ[助動]

[助動][ふうだろ|ふうだっ・ふうに・ふうで|ふうだ|ふうな|ふうなら|○]《名詞「ふう(風)」+断定の助動詞「だ」から》活用語の連体形、連体詞「こんな」「そんな」「あんな」「どんな」などに付く。
ようす・状態の類似を表す。「利いたふうな口をきくな」
「自分の足が何時(いつ)の間にか動いたというふうであった」〈漱石三四郎
類例や漠然とした内容を引用して説明する意を表す。「お祝いのスピーチではこんなふうなことを話せばよい」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふうだ

( 助動 ) ( ふうだろ ・ふうだつ(ふうで・ふうに) ・ふうだ ・ふうな ・ふうなら ・○ )
〔名詞「ふう(風)」に断定の助動詞「だ」が付いたものから〕
活用語の連体形に接続する。形容動詞「こんなだ」「そんなだ」「あんなだ」「どんなだ」「同じだ」の類には、連体形「こんな」「そんな」「あんな」「どんな」「同じ」の形に付く。
様子・状態が似ているということを表す。 「何か心配事があるふうだった」 「うれしくてたまらないといったふうな様子でした」
類例を引いて説明するのに用いる。 「一休みして軽い食事ができるってふうな店はありませんか」 「この田舎町に来て、なかなか東京や大阪で暮らすふうにはいきません」
漠然とした内容や確信のない事柄を引用するのに用いる。 「友人と何か事業を始めるふうなことを言っていた」 「どんなふうに話を始めたらいいのか、いろいろ迷ってしまう」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふうだの関連キーワード唐風風大ふうです風露草ふう風談風流棚

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ふうだの関連情報