ふすべ茶(読み)ふすべちゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ふすべ茶」の解説

ふすべ茶
ふすべちゃ

野外で行う野点(のだて)茶のこと。松葉松かさ(しば)などを燻(ふす)べて湯を沸かすところから名づけられた。その初見は『南方(なんぽう)録』の「覚書」とされる。本文は「未熟ノ人ノ野ガケフスベ茶ノ湯ハマネヲスルマデノコト也(なり)、手ワザ諸見トモニ定法ナシ、定法ナキガユヘニ定法大法アリ」というもので、野がけ茶ともいい、点前(てまえ)、道具ともに定法がないから、定法より重い法があるとするものである。現在行われている野点は、立礼(りゅうれい)棚を使い、各流儀とも自由に趣向を凝らして、優雅に茶を楽しむものになっている。

[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ふすべ茶」の解説

ふすべ茶
ふすべちゃ

野点」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android