コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふすべ茶 ふすべちゃ

2件 の用語解説(ふすべ茶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ふすべ茶
ふすべちゃ

野点」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ふすべ茶
ふすべちゃ

野外で行う野点(のだて)茶のこと。松葉、松かさ、柴(しば)などを燻(ふす)べて湯を沸かすところから名づけられた。その初見は『南方(なんぽう)録』の「覚書」とされる。本文は「未熟ノ人ノ野ガケフスベ茶ノ湯ハマネヲスルマデノコト也(なり)、手ワザ諸見トモニ定法ナシ、定法ナキガユヘニ定法大法アリ」というもので、野がけ茶ともいい、点前(てまえ)、道具ともに定法がないから、定法より重い法があるとするものである。現在行われている野点は、立礼(りゅうれい)棚を使い、各流儀とも自由に趣向を凝らして、優雅に茶を楽しむものになっている。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone