コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

への字形 ヘノジナリ

デジタル大辞泉の解説

へのじ‐なり【への字形】

「へ」の字の形に曲がっていること。「口をへの字形に結ぶ」
《「一」の字を「へ」の字のように書くというところから》未熟で手ぎわの悪いこと。曲がりなり。
「どうやらかうやら―に埒(らち)あけさせて」〈浮・一代男・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へのじなり【への字形】

「へ」の字のような形。へのじ。
〔「一」の字を「へ」の字のように曲げて書くところから〕 未熟で手際の悪いこと。まがりなり。 「どうやらかうやら-に埒らち明けさせて/浮世草子・一代男 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

への字形の関連キーワード中村 仲蔵(3代目)籠担ぎ星・篭担ぎ星口を引き垂る浮世草子サイホン貝を作る華原磬への字こと座ハス竹篦磬折

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android