手際(読み)テギワ

  • てぎわ ‥ぎは
  • てぎわ〔ぎは〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
物事の処理のしかた。また、物事を処理する要領・腕前。「話を手際よくまとめる」「手際を見る」「みごとな手際だ」
物事をたくみに処理すること。また、そのさま。
「洗濯物を―に搾切って遣る」〈風葉青春

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
物事の処理の仕方。また、その腕前。技量。 -よくまとめる -が悪い
技量のすぐれている・こと(さま)。 如何いかにも-なる書体なり/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物事を行なううでまえ。処理のしかた。手腕。技量。また、物事のできばえ。しあがり。
※玉塵抄(1563)一〇「番匠の手ぎわの大事にした者三ありらんまへい軸多宝の塔と三つ云いつづけて云と云ぞ」
※日葡辞書(1603‐04)「Teguiuano(テギワノ) ヨイ、または、ワルイ サイク」
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二「串戯(じょうだん)の内に手際(テギワ)よく縫止めて与へければ若者は頻りに其親切を喜び謝せり」
② (形動) 物事の処理のしかたがじょうずであること。できあがりのよいこと。きれいにしあげること。また、そのさま。みごとな手並。立派なできばえ。
※俳諧・犬子集(1633)一四「土の中よりよしは出けり 手きはにもしたる数寄やの下地窓〈慶友〉」
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「グショグショの洗濯物を手際に搾切って遣る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手際の関連情報