コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べき法則 べきほうそく power law

1件 の用語解説(べき法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

べき法則
べきほうそく
power law

S.S.スティーブンズが心理学において用いた法則。彼はフェヒナーの法則を批判し,分割法やマグニチュード推定法などの比率尺度構成法を用いて感覚量Sと刺激量Sとの間に指数関数 R=KSn (Kは定数) の対応関係があることを示し,刺激量のべき (冪) の概念を用いたところから,これを精神物理学的べき法則と名づけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べき法則の関連キーワード数理物理学スティーブンスジョンソン症候群ポートスティーブンスWelch's パーティーブレンド100おとぼけスティーブンス一家スティーブンノル一貫性の原則スティーブンズ,A.S.スティーブンズ,S.スティーブンズ=ジョンソン症候群

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone