コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べた基礎 べたきそ

3件 の用語解説(べた基礎の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

べたきそ【べた基礎】

建築物の最下階全体にわたって板状に設けられた基礎。マット基礎。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

べた基礎

縁の下(クロールスペース)を持たない床を造る場合や軟弱な地盤の上につくる基礎で、建物の荷重を基礎梁と耐圧盤の底面積全体で地盤に伝える直接基礎形式の 一種である。べた基礎を採用することで、地下水位が低い場合、床下から熱漏出を少なくする場合、床版工事費全体の削減を図ろうとする場合、床暖房をしょう とする場合等で多くの利益が得られる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

べたきそ【べた基礎】

住宅などの基礎の一つ。建物の底面全体にすき間なく鉄筋コンクリートの基礎を設けたもの。布基礎に比べて強度が高く、大型の建築物や軟弱な地盤に用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のべた基礎の言及

【基礎】より

…底面の重心が,その部分の荷重の重心となるべく一致するようにする。(d)べた基礎 いかだ基礎とも呼ばれ,構造物の底面全体で荷重を地盤に伝える形式のもの(図1-d)。マット状の厚い鉄筋コンクリートの板で形成したり,鉄筋コンクリートの板をはりで支える形にしたりする。…

※「べた基礎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

べた基礎の関連キーワードカラースペースデッドスペースパーソナルスペース聞く耳を持たないバーチャルスペースラゲージスペーススペースギアスペードエース全労済ホール スペース・ゼロ省スペース

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

べた基礎の関連情報