コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布基礎 ぬのきそ

大辞林 第三版の解説

ぬのきそ【布基礎】

基礎の一。壁下などに用いられる、細長く連続した基礎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不動産用語辞典の解説

布基礎

建物の土台にそって、切れ目なくフーチング(基礎底盤)を築造した帯状の基礎を「布基礎」といいます。
建物の土台と布基礎は金物で緊結されており、構造は鉄筋コンクリート造が一般的です。この布基礎は、一戸建て住宅で最も普及しています。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬのぎそ【布基礎 continuous footing】

柱または壁に働く建造物の重量による鉛直方向の力を,や壁からみれば強さが弱い地盤に伝えるため,地盤に接する建造物の面を,ある幅をもって柱の間を連続させたり,または壁下で広げて作った基礎。連続基礎連続フーチング基礎,あるいは壁の場合壁フーチング基礎とも呼ばれるが,建築の法律用語としては布基礎と称することになっている。通常鉄筋コンクリートで作られるが,軽い木造などの建造物では無筋コンクリートで作られることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ぬのきそ【布基礎】

木造住宅でもっとも一般的な基礎。逆T字形の断面で、外壁や主な間仕切り壁の下部に連続して設置する。◇「連続基礎」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の布基礎の言及

【基礎】より

…日本の建築物では,工場,体育館などの大空間建物でないかぎり,柱脚下をはり(基礎ばりあるいはつなぎばりと呼ばれる)でつなぎ,独立フーチング基礎にモーメントがかからないようにするとともに不同沈下に備えている。(b)連続フーチング基礎 布基礎とも呼ばれ,フーチング部分が長く帯状になっているもの(図1-b)。柱下だけのフーチングの面積では地盤の耐力を超える単位面積当りの荷重が加わる場合に,柱間を結ぶ形で設けられ,壁の下にも壁に沿って設けられる。…

※「布基礎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布基礎の関連キーワード基礎[構造物]アンカーボルト土台(建築)基礎補強工事基礎工事べた基礎在来工法根切り火打

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android