ほっき

精選版 日本国語大辞典の解説

ほっき

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 堅くて弾力性のない物が折れる音、また、そのさまを表わす語。ぽっきり。ぼっきほっく
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)張湯第二九「さきをほっきと折やうにぞ」
② 堅い物が板などに当たる音を表わす語。ぼっき。
※狂言記・文蔵(1660)「二打三打ほっき丁々(ちょうちょう)とうちければ」
③ ほととぎすの鳴く声を表わす語。
※大淵和尚再吟(1630頃)上「啼月杜がほっきと啼いたと聞こう迄(まで)よ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほっきの関連情報