ほっちり

精選版 日本国語大辞典「ほっちり」の解説

ほっちり

[1] 〘名〙 小さい点。ぽっち。ぽち
洒落本・船頭深話(1802)四「額口のほっちりは灸点屋の看板か」
[2] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 目を見開くさまを表わす語。
※虎寛本狂言・鎌腹(室町末‐近世初)「目がほっちりとて、中々此分では死れぬ」
② 量や程度の極めて少ないさまを表わす語。わずかに。
※俳諧・冬の日(1685)「秋蝉の虚に声きくしづかさは〈野水の実つたふ雫ほっちり〈重五〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android