コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぽち ポチ

デジタル大辞泉の解説

ぽち

[名]
小さい点。また、小さい突起。ちょぼ。ぽつ。ぽっち。「字の横にぽちを打つ」
(関西地方で)雇い人や芸者への、心づけ。祝儀。チップ。
[接尾]ぽっち[接尾]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぽち

[1] ( 名 )
小さい点。ぽつ。 「文章の切れめに-を入れる」
(京阪地方で)芸妓や茶屋女などに与える祝儀。はな。チップ。 「 -袋」
( 接尾 )
指示代名詞や数を表す語に付いて、それだけの数量しかない意を表す。だけ。ぽっち。 「それっ-のことで怒ってはならない」 「これっ-じゃ足りない」 〔上の語との間に促音が入って「っぽち」の形で用いることが多い〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぽちの関連キーワード痩せっぽ・瘦せっぽ中村勘三郎(2世)杵屋喜三郎(6代)痩せ法師・瘦せ法師杵屋喜三郎(7代)ヤシャル・ケマルポール ギュットヤシャル・ケマルぼちゃぼちゃ此れっぽっちぽちゃぽちゃぼじゃぼじゃトルコ文学ぽっちゃりぽぽちゃん痩せっぽちピープルカボチャほやほや宮坂志穂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぽちの関連情報