ぽち(読み)ポチ

デジタル大辞泉の解説

[名]
小さい点。また、小さい突起。ちょぼ。ぽつ。ぽっち。「字の横にぽちを打つ」
(関西地方で)雇い人や芸者への、心づけ。祝儀。チップ。
[接尾]ぽっち[接尾]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 小さい点。ぽつ。ちょぼ。また、小さくつき出た部分。ぼち。
※花物語(1919)〈吉屋信子〉白菊「父は呼鈴の白いぽちを幾度かおしたけれども」
② 芸妓や茶屋女などに与える祝儀。京阪地方でいう。はな。チップ。
※歌舞伎・傾城浜真砂(1839)三幕「そりゃ得心する様に、最前ぽちが切れてあるぢゃて」
③ 犬につける名。特に、明治三、四〇年代(一八九七‐一九〇七)に流行した。
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉一三「逐出す筈の者に、如何(いつ)しかポチといふ名まで附いて」
[2] 〘接尾〙 =ぽっち(二)
[補注](一)③の語源については、(イ)英語で spotty (ぶち犬の意)、(ロ)米語で pooch (俗語、犬の意)、(ハ)フランス語で petit (小さい意)からと、諸説ある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぽちの関連情報