コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌腹 カマバラ

デジタル大辞泉の解説

かま‐ばら【鎌腹】

鎌でを切って死ぬこと。

かまばら【鎌腹】[狂言]

狂言。に打ち殺してやるとわめかれた怠け者は、当てつけにで腹を切ろうとするが怖くてできない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かまばら【鎌腹】

狂言の曲名。女狂言。夫の太郎が怠けて山へまきを取りに行かないので,妻は怒って,鎌を結びつけた棒をふりあげて追い回す。仲裁人が入って,太郎に棒と鎌を持たせ,妻を連れて立ち去る。ひとり残った太郎は,女に侮辱されるより死んだほうがよいと,鎌をふりあげて腹へ突き刺そうとするなど自殺を試みるが,気がおくして死にきれない。結局,自殺は断念して山へ行くことにするが,結末の筋は流派により異なる。大蔵流では,夫のうわさを聞いた妻が止めに来てわびるので,太郎が臆病ゆえに死ねなかった心の内を明かすと,妻は再び怒って夫を追い込む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かまばら【鎌腹】

狂言の一。女房に鎌で追いかけられたふがいない男が鎌で切腹しようとするが、命が惜しくて死ぬことができず柴刈りに行くという話。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌腹
かまばら

狂言の曲名。女狂言。玄関を蹴(け)破って突然、夫婦喧嘩(げんか)が往来に飛び出したような勢いで、鎌(かま)を結び付けた棒を振り上げた妻に太郎(シテ)が追われて出てくる。仲裁人がわけを聞くと、夫がちっとも仕事をせず、今日も山へ薪(まき)をとりに行かないからだという。仲裁人のとりなしで太郎はしぶしぶ山に向かうが、そんな自分にほとほと嫌気がさし、女房への面当てにいっそ死んでやろうと、鎌で百姓らしい死に方をいろいろくふうする。が、生来の臆病(おくびょう)が顔を出し、なかなか死にきれない。聞きつけた妻が駆けつけ、「あなたが死んだら私も生きてはいない」と思いとどまるようにかきくどく。そのことばを聞いた太郎は一転「自分が死んだあとに死ぬ覚悟があるなら、いまここで自分の名代(みょうだい)に死んでくれぬか」といいだし、怒った妻にまたまた追われて退場。和泉(いずみ)流では、気を取り直し、通りがかりの者に洗足の湯を沸かしておくよう妻への伝言を頼み山に向かう。わわしい妻に働け働けと追いまくられる夫、死のうとして死にきれぬ男の生への執着、笑いの奥に男のペーソスが漂う。[油谷光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鎌腹の関連キーワード竹本 伊達太夫(5代目)尾上 卯三郎(2代目)中村歌六(3代)狂言現行曲一覧大林 梅子善竹弥五郎牧野省三中村魁車忠臣蔵女房狂言女物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android