ます寿司

デジタル大辞泉プラスの解説

ます寿司

押し寿司の一種。木製曲げわっぱの葉を敷き、塩漬けにして酢でしめたサクラマスの切り身と酢飯を詰め、笹で包みこんで重石してつくる。享保年間、神通川の鮎を具材に作られたものが起源とされ、江戸時代にはすでに越中名物として知られた。現在も富山の郷土料理として全国的に有名で、2007年には農山漁村の郷土料理百選に選定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ます寿司の関連情報