コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神通川 じんづうがわ

10件 の用語解説(神通川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神通川
じんづうがわ

岐阜県北部に発し,富山県の中央部を貫流する川。全長約 126km。上流は宮川で,位山 (1529m) 西方に発し,高山盆地古川盆地を貫流して北流する。岐阜・長野県境にある穂高岳に発する高原川を,岐阜・富山県境の富山市猪谷 (いのたに) 付近で合せ神通川となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんずう‐がわ〔ジンヅウがは〕【神通川】

富山県中央部を北流し、富山湾に注ぐ川。長さ約120キロ。上流は岐阜県境で高原川と宮川分かれる。発電所が多い。
[補説]「じんづうがわ」と仮名書きする場合もあるが、本辞典では昭和56年(1981)に刊行された『標準地名集(自然地名)増補改訂版』(建設省国土地理院地図管理部)に基づいて「じんずうがわ」を本項目とする。

じんづう‐がわ〔‐がは〕【神通川】

じんずうがわ(神通川)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

神通川【じんづうがわ】

岐阜県北部の飛騨高地の川上(かおれ)岳に発し,北流して富山湾に注ぐ川。長さ120km,流域面積2720km2。上流は宮川といい,高山盆地,古川盆地を貫流,三俣蓮華岳に発する大支流の高原川と富山県境付近で合流し,神通川となる。
→関連項目大沢野[町]岐阜[県]富山[県]富山[市]ます寿し

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんづうがわ【神通川】

岐阜県北部,飛驒高地の川上(かおれ)岳(1626m)付近に源を発し,富山県中部を流れ富山湾に注ぐ川。幹川流路延長120km,全流域面積2720km2。上流は宮川と呼ばれ,岐阜・富山県境付近の猪谷(いのたに)(富山県細入村)で最大の支流高原(たかはら)川を合わせ,下流の富山県側が神通川と呼ばれる。富山県内の流路延長は46km。猪谷から下流,大沢野町笹津付近まで峡谷をなし,神通峡と呼ばれる。電源開発のためのダム湖が連続する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じんずうがわ【神通川】

富山県の中央部を北流し、富山平野を貫通して富山湾に注ぐ川。上流は飛驒山地に発する宮川と高原川。長さ120キロメートル。上・中流には発電所が多い。じんづうがわ。

じんづうがわ【神通川】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県(富山県)〕神通川(じんずうがわ)


岐阜県北部から富山県中央部を流れる川。1級河川(神通川水系)。延長120km。流域面積2720km2。飛騨(ひだ)高地の川上(かおれ)岳(標高1626m)に源を発して北流、岐阜・富山県境で支流の高原(たかはら)川と合流して富山平野を北流し、富山湾に注ぐ。上流部の岐阜県内では宮川の名でよばれる。河川法では「じんつうがわ」と読む。「じんづうがわ」とも。高原川との合流点から下流は峡谷をなし、神通川第1・第2・第3ダムがある。昭和30年代、神岡(かみおか)鉱山の廃水により下流の富山平野イタイイタイ病が発生した。

〔富山県(岐阜県)〕神通川(じんつうがわ)


神通川(じんずうがわ)

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神通川
じんづうがわ

富山県の中央部を北流して富山湾に注ぐ川。一級河川。延長120キロメートル、流域面積2720平方キロメートル。上流は岐阜県境付近で高原(たかはら)川と宮川に分かれる。高原川は樅沢(もみさわ)岳の南斜面に発し、穂高(ほたか)岳と抜戸(ぬけと)岳・笠(かさ)ヶ岳の間を南流、平湯(ひらゆ)川、双六(すごろく)川をあわせて両岸に段丘を形成し、飛騨(ひだ)市下流では高原峡をつくる。宮川は太平洋斜面との分水山地の川上(かおれ)岳の北斜面に発し、高山盆地、古川盆地を貫流して小鳥(おどり)川をあわせてから峡谷状となり、さらに北流する。両川の合流点の富山市猪谷(いのたに)から下流は両岸に段丘を形成する。庵谷(いおりだに)峠付近の山地を迂回(うかい)して片地峡をつくり、富山市笹津(ささづ)付近から新旧の扇状地を形成する。右岸の最上位の隆起扇状地の高い段丘の下に大沢野の隆起扇状地があり、これを侵食した川は下流側で比較的狭い扇状地を形成する。神通川の新扇状地が狭いのは、常願寺(じょうがんじ)川の広大な扇状地に呉羽(くれは)丘陵寄りに押しやられたためである。神通川は渇水期でも日量130万トン程度の流量がある。1954年(昭和29)以来電源開発が進み、神通川第一、第二、第三ダムが建設された。このため猪谷下流は連続する湖水となり、神通峡といわれ、県定公園に指定されている。全流域ではダム17、発電所58、最大出力合計は約84万キロワットに達する。
 なお、上流の三井金属神岡鉱山から流出するカドミウム、鉛、亜鉛により、下流域とくに婦中(ふちゅう)町(現富山市)ではイタイイタイ病が発生し、大きな社会問題となった。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神通川の言及

【イタイイタイ病】より

…富山県神通川流域の農村地区で,第2次世界大戦後の数年間を中心に,主として更年期以降の経産婦がかかったといわれる骨軟化症様の病気。全身の激痛を訴えることから,この病名が通称として用いられるようになった。…

【富山[市]】より

…県の政治・経済・文化の中心をなす。市域は富山平野のほぼ中央にあり,神通(じんづう)川と常願寺川の形成する複合扇状地と西側の呉羽(くれは)丘陵からなる。中心市街地は,近世には富山藩の城下町として栄えたところで,北陸街道と飛驒街道の分岐点にあたる交通の要衝でもあった。…

※「神通川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神通川の関連情報