コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まぜ マゼ

デジタル大辞泉の解説

まぜ

[接尾]数量を表す名詞に付いて、時間的、空間的にそれだけの間隔をおくことの意を表す。多く「に」を伴って副詞的に用いる。…おき。
「二、三日―に召すぞかし」〈大鏡・道長上〉
「通らぬ札(さね)を一枚―に拵(こしら)へて」〈太平記・三三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まぜ

( 接尾 )
数量を表す名詞に付いて、時間的あるいは空間的にそれだけの間隔をおくことを表す。多く助詞「に」を伴って用いる。…おき。 「二三日-にめすぞかし/大鏡 道長」 「通らぬ札さねを一枚-に拵こしらえて縅おどしたれば/太平記 33

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のまぜの言及

【風】より

…〈あなじの八日吹き〉といって,陰暦12月8日に荒れ模様になることなどがこの風の特徴。 油風(あぶらかぜ)〈油まじ〉〈油まぜ〉ともいう。4月ころ吹く南寄りの穏やかな風。…

※「まぜ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

まぜの関連キーワード混ぜっ返し混ぜ合せる御目出糖書き交ず間瀬正辰間瀬正明合せ播き羽二重縞混ぜ返す碾き割飯一枚交ぜごた混ぜ一緒くたまぜこぜ潤み朱鰹味噌絹双子油粘土色物席綿段通