コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まぶい マブイ

デジタル大辞泉の解説

まぶい

奄美(あまみ)・沖縄地方で)霊魂のこと。まぶり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

まぶい

沖縄や奄美群島で,魂のこと。〈まぶり〉とも。人は死んでも,まぶいは残り,盆と正月には帰ってくると信じられた。木から落ちたり,おぼれかけたときには,まぶいが体から遊離するとされ,ゆた祈祷師)を頼んで,まぶいこめの儀式を行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まぶい

( 形 )
〔「まぶ」の形容詞化。近世江戸語〕
顔が美しい。 「芸がいいときてゐるに、面が-・いと云ふもんだから/滑稽本・浮世床
うまい。よい。 「 - ・いけれど、げんさいまかせだから/洒落本・潮来婦志」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

まぶいの関連キーワード幻妻・衒妻目取真俊滑稽本

まぶいの関連情報