コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まぶい マブイ

デジタル大辞泉の解説

まぶい

奄美(あまみ)・沖縄地方で)霊魂のこと。まぶり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

まぶい

沖縄や奄美群島で,魂のこと。〈まぶり〉とも。人は死んでも,まぶいは残り,盆と正月には帰ってくると信じられた。木から落ちたり,おぼれかけたときには,まぶいが体から遊離するとされ,ゆた祈祷師)を頼んで,まぶいこめの儀式を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

まぶい

( 形 )
〔「まぶ」の形容詞化。近世江戸語〕
顔が美しい。 「芸がいいときてゐるに、面が-・いと云ふもんだから/滑稽本・浮世床
うまい。よい。 「 - ・いけれど、げんさいまかせだから/洒落本・潮来婦志」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

まぶいの関連キーワード幻妻・衒妻目取真俊滑稽本

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まぶいの関連情報