奄美群島(読み)あまみぐんとう

  • あまみぐんとう〔グンタウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿児島県南部,薩南諸島の南半を占める諸島。奄美大島加計呂麻島(かけろまじま),請島(うけしま),与路島喜界島徳之島沖永良部島与論島の有人島 8,無人島 48からなる。奄美大島が主島。琉球王国の統治下にあったが,慶長14(1609)年以来島津氏が領有。明治以後は鹿児島県に所属。第2次世界大戦後,北緯 29°以南の地がアメリカ軍政府の統治下に置かれたが,1953年日本に復帰サトウキビが主作物で,それを原料とする黒砂糖が主産物。ほかにパイナップル,バナナなどの果実栽培,ブタウシの飼育が行なわれる。大島紬は特産。ソテツビロウガジュマルユリなどが茂り,アマミノクロウサギ(国指定特別天然記念物),ルリカケスアカヒゲ(ともに国指定天然記念物)などが生息。奄美大島と徳之島は毒ヘビのハブで有名。亜熱帯気候で,南国的風物に富み,琉球色の濃い風俗,習慣がある。一帯奄美群島国立公園に属する。面積 1238.25km2(有人島のみ)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

鹿児島県薩南諸島南部を占める島々大島を主島として、喜界島(きかいじま)徳之島沖永良部(おきのえらぶ)島与論(よろん)島などからなる。古くは大陸琉球との交易要路。慶長14年(1609)に琉球領から島津領となった。第二次大戦後の約8年間は米軍の軍政下に置かれ、昭和28年(1953)、日本に復帰。奄美諸島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

奄美群島の関連情報