コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奄美群島 あまみぐんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奄美群島
あまみぐんとう

鹿児島県南部,薩南諸島中の南半を占める諸島。奄美大島加計呂麻島 (かけろまじま) ,請島 (うけしま) ,与路島喜界島徳之島沖永良部島与論島有人島8,無人島 48からなる。奄美大島が諸島中の主島。琉球王朝の統治下にあったが,慶長 14 (1609) 年以来島津氏の領有地。明治以後は鹿児島県に所属。第2次世界大戦後,北緯 29°以南の地はアメリカ軍政府の統治下に置かれたが,1953年鹿児島県に復帰。サトウキビが主作物で,黒砂糖が主産物。ほかにパイナップル,バナナなどの果実を栽培。ブタ,ウシの飼育数も増加。大島紬は特産。ソテツ,ビロウガジュマル,ユリなどが茂り,アマミノクロウサギ (国指定特別天然記念物) ,ルリカケスアカヒゲ (ともに国指定天然記念物) などが生息。特に大島と徳之島は毒ヘビハブで有名。亜熱帯性の気候で,南国的風物に富み,琉球色の濃い風俗,習慣をもっている。 1974年奄美群島国定公園に指定。面積 1238.25km2 (有人島のみ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あまみ‐ぐんとう〔‐グンタウ〕【奄美群島】

鹿児島県薩南諸島の南部を占める島々。大島を主島として、喜界島(きかいじま)徳之島沖永良部(おきのえらぶ)島与論(よろん)島などからなる。古くは大陸や琉球との交易の要路。慶長14年(1609)に琉球領から島津領となった。第二次大戦後の約8年間は米軍の軍政下に置かれ、昭和28年(1953)、日本に復帰。奄美諸島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

奄美群島の関連キーワード奄美群島振興開発事業(奄振)鹿児島県奄美市名瀬小宿南西諸島学徒体育大会奄振(あましん)事業奄美群島振興開発基金摺子崎海域公園地区県内と奄美の被爆者オリオンドラフト米占領下の奄美サラサバテイラ奄美の黒糖焼酎南海日日新聞マンボウガイ鳥島(沖縄)奄美[市]ケンムンノボタン大島海峡アマシン黒糖焼酎

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奄美群島の関連情報