コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山椒 サンショ

デジタル大辞泉の解説

さん‐しょ【山×椒】

さんしょう(山椒)」の音変化。

さん‐しょう〔‐セウ〕【山×椒】

ミカン科の落葉低木。山地に自生。葉の付け根に一対ずつとげがある。葉は長卵形の小葉からなる羽状複葉。雌雄異株で、春、黄緑色の小花を密生する。実は赤く熟し、黒色の種が現れる。若芽を「木の芽」といい食用に、実を香辛料に、果皮を漢方で健胃薬・回虫駆除薬にし、材ですりこぎを作る。はじかみ。 芽=春 花=夏 実=秋》「摺鉢(すりばち)は膝でおさへて―の芽/時彦」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山椒

ミカン科の落葉低木。若葉は「木の芽」とも呼ばれて薬味田楽に利用される。実や皮は香辛料に使われ、葉や実は佃煮(つくだに)にもなる。胃腸の働きを整える作用があるとされ、正月のとそにも含まれている。

(2010-05-10 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さんしょう【山椒】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ミカン科サンショウなどの種子を取り除いた果皮。蜀椒(しょくしょう)ともいう。健胃整腸回虫駆除鎮痛などの作用がある。胃下垂胃アトニー便秘に効く大建中湯(だいけんちゅうとう)神経痛腹痛胃炎に効く当帰湯(とうきとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんしょ【山椒】

さんしょう【山椒】

ミカン科の落葉低木。山中に自生し、また栽植される。枝にはとげがあり、葉は羽状複葉。雌雄異株。春、枝先に緑黄色の小花を密につける。果実は赤熟し、裂開して黒い種子を現す。若葉は香気が強く、「木の芽」といい、香味料にする。果実は香辛料にするほか、健胃・回虫駆除などの薬用。また、材はすりこ木にする。さんしょ。はじかみ。 〔「山椒の花」は [季] 春。「山椒の実」は [季] 秋〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山椒 (サンショウ・ハジカミ;サンショ)

学名:Zanthoxylum piperitum
植物。ミカン科の落葉低木,園芸植物,薬用植物

山椒 (ハジカミ)

植物。生薑の古名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

山椒[香辛料]
さんしょう

近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
主に有田郡有田川町で生産されている。全国一の生産量を誇る。大粒で香りがよいのが特徴。粉山椒のほか、佃煮・塩漬け加工品としても好評。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

山椒の関連キーワードジャパニーズハーブエール SANSHO練り山椒・練山椒・煉り山椒山椒は小粒でもぴりりと辛い山椒焼酎 ぴりっと厨子王・廚子王安寿・厨子王奈留波之加美大徳寺松風梅が枝田麩木の芽山椒山椒もち高原山椒近畿地方すりこ木山椒太夫由良の湊野菜煎餅朝倉山椒破餌介瀰波士加美

山椒の関連情報