コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みつみつし ミツミツシ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐みつし

[枕]氏族名の「久米(くめ)」にかかる。
「―久米の子らが」〈・中・歌謡〉
[補説]「御稜威(みいつ)」を重ねて形容詞化した語で、威勢がよい、勇猛であるの意から武をつかさどる家の久米氏をほめたたえたものか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつみつし

( 枕詞 )
氏の名「久米」にかかる。「みつ」は威力の強い意の「稜威いつ」の転で、それを重ねて久米氏の武威をたたえたもの。 「 -久米の若子わくご/万葉集 435

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

みつみつしの関連キーワード久米歌叙事詩子等頭椎若子粟生

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android