コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みてぐら

百科事典マイペディアの解説

みてぐら

語源は御手(みてぐら)で,元来は神が宿る依代(よりしろ)として手に持つ採物(とりもの)をさした。その後の字を当てたため,幣帛(へいは)と混用され,布帛,紙,金銭,器具,神饌(しんせん)など神に奉献する物の総称の意にも用いられた。
→関連項目御幣

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

みてぐらの関連キーワード富士田吉次(1世)錦屋惣次(初代)大薩摩主膳太夫採り物・採物大神宝使出雲神楽天太玉命巫女舞安幣帛神楽歌御手代斎はる祓所神水蓼紫野荒稲遣す幣代神嘗挟み

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android