コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みてぐら

1件 の用語解説(みてぐらの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

みてぐら

語源は御手座(みてぐら)で,元来は神が宿る依代(よりしろ)として手に持つ採物(とりもの)をさした。その後幣の字を当てたため,幣帛(へいはく)と混用され,布帛,紙,金銭,器具,神饌(しんせん)など神に奉献する物の総称の意にも用いられた。
→関連項目御幣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

みてぐらの関連キーワード御手洗インテグラル御手手豊御幣御手洗参り幣を御手代インテグラーゼてぐらまぐらラルテグラビルカリウム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone