コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神饌 しんせん

5件 の用語解説(神饌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神饌
しんせん

神に供える飲食物の総称。みけ,供物ともいう。新鮮で清浄な,海川山野の産物や,酒,塩,水などを常に供える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐せん【神×饌】

神祇(じんぎ)に供える飲食物。水・酒・穀類・魚・野菜・果実など。御食(みけ)。供物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

神饌【しんせん】

神への供物として用いられる飲食物の総称。生(なま)のものを生饌(丸物神饌),調理したものを熟饌という。酒,米,水,塩,魚,鳥,海藻,野菜,果物,餅(もち)などを主とするが,のしあわび,ぶと(米菓),まがり(米菓)などの特殊神饌もある。
→関連項目みてぐら

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しんせん【神饌】

神祇じんぎに供える飲食物の総称。稲・米・酒・餅・魚・鳥・蔬菜そさい・果実・塩・水など。供物。みけ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神饌
しんせん

神に召し上がり物として供える飲食物。ミケともいう。ミケは御食の義で、神酒はミキという。神饌は米、酒、塩、水が基本で、これに野菜、果物、魚貝類などもいっしょに供える。毎朝夕、神饌を供えることを日供(にっく)という。祭りのときは、より多くの品目の神饌を供する。明治以降、神饌は生物(なまもの)を供えるようになった(生饌)が、もとはわれわれ人間が実際に飲食できるように調理して供えた(熟饌)ものである。現行の神社祭祀(さいし)における神饌の品目は、これを供する順に記すと、和稲(にぎしね)(籾殻(もみがら)をとった米)、荒稲(あらしね)(籾殻のついた米)、酒、餅(もち)、海魚、川魚、野鳥、水鳥、海藻、野菜、果物、菓子、塩、水と定められている。これを供えるには、三方(さんぼう)または高坏(たかつき)に盛り、案(机)上に奉る。その台数は祭祀の大小によって異なる。明治以前からの調理法が継承され、今日、特殊神饌といわれるものには、伊勢(いせ)の神宮における神饌をはじめ、春日(かすが)大社(奈良)の春日祭、下鴨(しもがも)・上賀茂(かみがも)神社(京都)の賀茂祭(葵(あおい)祭)、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)(京都)の石清水祭、その他の神饌がある。これらによると、米は飯として供え、飯には粟(あわ)の飯もある。酒は清酒も用いるが、特殊な醸造による白酒(しろき)・黒酒(くろき)という濁(にごり)酒もある。餅は鏡餅といって、円形の丸餅が多いが、切り餅や粟餅などもある。また、魚貝類には鮑(あわび)、栄螺(さざえ)、煎海鼠(いりこ)などの品目もある。また、調味料としての滓醤(ひしお)や箸(はし)も耳土器(みみどき)(箸台)の上に置いて供えられる。なお、『延喜式(えんぎしき)』には平安時代の神饌品目が記されている。これらの神饌は、栄養価やカロリーの高いものが多く、また、その品目も多いことから、バランスのとれた日本食といえる。[沼部春友]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神饌の言及

【お饗盛り】より

…饗はもてなす酒食のことで,供物,神饌である。お饗盛りはその神饌を調理・調製し,盛り付けることである。…

【菓子】より

…《延喜大膳式》の〈諸国貢進菓子〉の条を見ると,山城国のムベ,アケビ,イチゴ,ヤマモモ,平栗にはじまり,れんこんなどをも含めてさまざまな種類の名を見ることができる。それらの菓子は饗膳(きようぜん)の献立の一部をも構成したもので,その遺制はいまも諸社の神饌(しんせん)に見ることができる。神饌にはほかに唐菓子が同じように大きな比重をもっている。…

【供物】より

…神仏に供えるもの。神に供えるものを神饌,仏に供えるものを一般に仏供という。神饌はまたミケという。…

【直会】より

…神祭に際して,神に捧げた神饌(しんせん)をおろして司祭者や氏子のおもなものが神前で相嘗(あいなめ)すること。新嘗や大嘗の嘗の字の古訓が〈ナフライ〉〈ナムライ〉であり,直会は〈ナフリアイ〉〈ナムリアイ〉で神と人とが共食することである。…

※「神饌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神饌の関連キーワードイヌ供犠飲食物ヘノポジ油御食役供霊供餅花煎り掻敷ドングリ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神饌の関連情報