みとあたわす

精選版 日本国語大辞典「みとあたわす」の解説

みと あたわす

(「あたわす」は、「あたう(当合)」に尊敬の意の助動詞「す」が付いたもの) 男女が交合をすることをいう尊敬語。
※古事記(712)上「故、其の八上比売は、先の期(ちぎり)の如く美刀阿多波志都(ミトアタハシつ)〈此の七字は音を以ゐる〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「みとあたわす」の解説

みとあたわ・す[成句]

《「あたわす」は、交合する意の動詞「あたう」に尊敬の助動詞「す」が付いたもの》交合なさる。結婚なさる。
「その八上比売(やがみひめ)は先のちぎりの如く―・しつ」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android