コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みなみのかんむり座 みなみのかんむりざCorona Austrina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

みなみのかんむり座
みなみのかんむりざ
Corona Austrina

南の冠座。8月の宵に南中する南天の星座。概略位置は赤経 18時 30分,赤緯-41°。さそり座の尾に近く,4等以下の星が半円をつくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みなみのかんむり座
みなみのかんむりざ / 南冠座

夏の宵の南の空低く、いて座のすぐ南に接する小星座で、春の宵の頭上近くに見える北の「かんむり座」に対してこの名がある。小さな星を連ねて半円形を描く姿は小さいながらもよく目につき、すでに紀元前3世紀のギリシアの天文詩人アラトスも、北のかんむりとともに二つの冠として述べているほどである。星座絵には草花を束ねてつくった輪として描いているものもある。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

みなみのかんむり座の関連キーワードトレミー星座南の冠座変光星雲藤井

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みなみのかんむり座の関連情報