コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤経(読み)せきけい(英語表記)right ascension

翻訳|right ascension

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤経
せきけい
right ascension

天文学の赤道座標系で用いられる経度春分点を通り天の北極および南極を結ぶ大円と,ある星を通り天の北極および南極を結ぶ大円とがなす角をその星の赤経という。赤経は春分点から東向きに 15°を1時とする角度単位で,24時まではかる。 (→赤緯 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せっ‐けい〔セキ‐〕【赤経】

赤道座標における経度。天体と天の南北両極を通る大円が、春分点と天の両極を通る大円となす角度。春分点から東回りに測り、ふつう360度を24時(15度を1時間)の割合で換算して時・分・秒で表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきけい【赤経】

せっけい【赤経】

天球上の任意の点と南北両極とを結ぶ大円が、春分点と南北両極とを結ぶ大円となす角度。春分点より東向きに測り、普通は四直角が24時であるような角度の単位で表す。赤緯とともに天球の赤道座標を形成する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の赤経の言及

【緯度】より

… 地球以外でも天球座標系の種類に応じて,緯度に相当するものが定義されている。赤道座標系では赤緯(経度に対応したものは赤経),太陽系内天体に対して使われる黄道座標系では黄緯(黄経),銀河座標系では銀緯(銀経),地球上の観測者中心の座標系では高度(方位角)などである。緯度変化極運動経度【若生 康二郎】。…

【赤道座標】より

…国際測地学協会や国際天文学連合の規約によれば,西経を使用しないで,東経を360゜まで用いて地球上の経度を示すことになっている。天球上では経度の原点を南北両極と春分点を通る大円にとって,地球上の東経と同じ方向にはかり,15゜を1時,15′を1分,15″を1秒という単位にして,0時から24時までにしたものを赤経と呼び,緯度の場合はそのままで北緯を+とし,南緯を-として赤緯と呼んでいる(図)。星に対する赤道や春分点の位置は歳差,章動によって変化するので,見かけのものを視赤経,視赤緯と呼び,変動分をならしたものを平均赤経,平均赤緯と呼んでいるが,この場合はその時刻を指定しなければならない。…

【二十八宿】より

…赤道に沿って標準星から測った,その宿のなかに位置する一般の星の角距離を入宿度とよんだ。これは現代天文学の赤経(赤道座標)に相当する。これに対して,赤緯に相当する角距離は天の北極からの距離という意味をもつ去極度と称された。…

※「赤経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android