コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠座 カンムリザ

デジタル大辞泉の解説

かんむり‐ざ【冠座】

北天の小さな星座。7個の星が半円形に並び、冠状をなす。7月中旬の午後8時ごろ南中し、天頂付近に見える。へっつい星。学名 〈ラテン〉Coronae Borealis

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんむりざ【冠座】

七月中旬の宵、南中する星座。七つの微光星が半円形に連なって冠状をなす。南半球にある「南の冠座」と区別するため「北の冠座」ともいう。へっつい星。鬼の釜かま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

冠座の関連キーワードみなみのかんむり座かんむり座南の冠座

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠座の関連情報