無量(読み)ムリョウ

デジタル大辞泉の解説

む‐りょう〔‐リヤウ〕【無量】

[名・形動]はかることができないほど多いこと。また、そのさま。「感慨無量
「些細の事まで種々―に心配しながら」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むりょう【無量】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
はかり知れないほどに多いこと。数知れないほどあること。また、そのさま。 「感-」 「 -の悲しみに沈む」 「 -なる快楽あらんと/緑簑談 南翠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐りょう ‥リャウ【無量】

〘名〙 (形動)
① 分量を決めないこと。また、そのさま。〔論語‐郷党〕
② はかりしれなく大きいこと。限りもなく多いこと。莫大であること。また、そのさま。
※勝鬘経義疏(611)一諦章「無余涅槃即兼無量滅道」
※和蘭天説(1795)「大陽は天中の主のごとし、衆星は層々として塗沫の如し、其数誠に無量(ムリョウ)にして不思議」 〔漢書‐匈奴伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無量の関連情報