むやむや‐の関(読み)むやむやのせき

精選版 日本国語大辞典「むやむや‐の関」の解説

むやむや‐の‐せき【むやむや‐の関】

[1]
※夫木(1310頃)二一「あづまぢのとやとやとをりのあけぼのにほととぎすなくむやむやのせき〈よみ人しらず〉」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)象潟「西はむやむやの(みち)をかぎり、東にを築て秋田にかよふ道遙(はるか)に」
[2] 〘名〙 女陰。
※雑俳・柳多留‐四三(1808)「むやむやの関守髭をはやしてる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android