コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めかも めかも

大辞林 第三版の解説

めかも

( 連語 )
〔推量の助動詞「む」の已然形「め」に係助詞「か」、係助詞「も」の付いたもの。「か」は反語、「も」は詠嘆の意を表す。上代東国方言〕
めやも(連語)」に同じ。 「大舟を舳ゆも艫ともゆも堅めてし許曽こその里人顕はさ-/万葉集 3559」 「橘の下吹く風のかぐはしき筑波の山を恋ひずあら-/万葉集 4371

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

めかもの関連キーワード穿く・履く・佩く・着く論語/名言集海岸段丘常世の国枕片去る白石一郎由こさる牧畜文化由無し係助詞万葉集群玉のなむ揺くかも安ら著く新橋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android