めやも(読み)メヤモ

デジタル大辞泉の解説

めや‐も

[連語]《連語「めや」+終助詞「も」》反語の意に詠嘆の意を添えたもの。…だろうか、いや、そうではないなあ。
「川の上(へ)のいつ藻の花のいつもいつも来ませ我が背子(せこ)時じけ―」〈・四九一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めやも

( 連語 )
〔推量の助動詞「む」の已然形「め」に係助詞「や」、係助詞「も」の付いたもの。「や」は反語、「も」は詠嘆の意を表す〕
推量または意志を反語的に言い表し、それに詠嘆の意が加わったもの。…だろうか、いや、そんなことはないなあ。 「ほととぎす今鳴かずして明日あす越えむ山に鳴くとも験しるしあら-/万葉集 4052」 「君にふた心わがあら-/金槐

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐や‐も

(推量の助動詞「む」の已然形「」に反語の意を表わす係助詞「や」、詠嘆を表わす係助詞「も」の付いたもの) 「めや」の反語の意に詠嘆の意が加わったもの。…することがあろうか、いやそんなことはない。どうして…でなどあろうか。
※万葉(8C後)一・二一「紫のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑに吾れ恋ひ目八方(めやも)
※古今(905‐914)恋一・五一二「たねしあれば岩にも松はおひにけり恋をし恋ひばあはざらめやも〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android