コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

語法 ゴホウ

大辞林 第三版の解説

ごほう【語法】

語が文を構成する上での法則。文法。 「日本語の-研究」
言葉の使い方や、文の表現方法。 「誤った-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の語法の言及

【文法】より

…また,(B)の〈美しい〉の活用も,この語に限ったことではなく,他に〈強い〉〈かわいい〉〈厳しい〉など実に多数の語が同じように活用し(これらを形容詞と呼んでいる),一方,〈きれい〉と同じようにふるまう語も〈丈夫〉〈可憐〉〈穏やか〉など,数多い(いわゆる形容動詞)。文法というものは,どの言語でも,このように,普通,特定少数の文や語句だけについてのきまりではなく,〈一定の条件を備えた任意の文〉について,あるいは〈一定の範囲の多数の語句〉について同じように成り立つ一般性の高いきまり,すなわち規則性としてとらえられる事がらなのであり――だからこそわれわれは比較的容易に言語を習得できるわけである――,さらに,そうした種々の規則性の背後に,実はいっそう抽象度の高い原理が見いだされることもしばしばなのである(これに対し,特定の文や語句だけについてのきまりは,特に〈語法〉と呼んで区別することがある)。このように,(1)~(3)に関する一般性の高い諸々の原理や規則性と,多少の個別的なきまりとがいわば束になって当該の言語を成り立たせているわけで,それらの一つ一つのことをではなく,特にそれらを総体としてとらえた概念のことを文法(文法体系)と呼ぶ場合もある。…

※「語法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

語法の関連キーワードモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第2番 ヘ長調/piano soloエクスプレッションアメリカニズムヤナーチェクオクシモロン恨むらくは和漢混淆文言ふならく恐るらくは春と修羅恋ふらく惜しけく言へらく悲しけくメシアン言葉遣い老ゆらく二重否定漢籍読み隠らく

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

語法の関連情報