コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めて めて

大辞林 第三版の解説

めて

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
劣っていること。勢いが衰えること。また、そのさま。 「我に勝りたる人に出合て-をとり/洒落本・大通法語」 「御連中といふ物は、ちつと-な時に見てやらしやるが本の御ひいき/浄瑠璃・難波丸金鶏」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

めての関連キーワード財布の紐を緩める身を引き締める苦しみを嘗める小腰を屈める鳴りを潜める鳴りを静める引き手・引手口を極める心を籠める頭を丸める息を詰める懐を痛める臍を決める根を詰める日を改める臍を固める引っ括める額を集める腰を屈める力を込める

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

めての関連情報