コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴉鷺合戦物語 あろかっせんものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鴉鷺合戦物語
あろかっせんものがたり

室町時代の物語。一条兼良 (かねら) の作というが不明。真玄が正素の娘に求婚し,侮辱されたことから,カラス類とサギ類の合戦となり,カラス方が負け,真玄,正素ともに出家するという筋。異類物,擬軍記物の代表作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あろかっせんものがたり【鴉鷺合戦物語】

御伽(おとぎ)草子。異類物。中鴨の森に住む鷺の山城守正素の美しい姫君に,祇園林に住む烏の東市佑真玄が懸想したが,その文を携えた使者が山城守に見とがめられ打擲(ちようちやく)されたことを発端に,あらゆる鳥類を巻きこむ希代の合戦が出来(しゆつたい)する。烏の陣営は鴻(おおとり)・鶏・雉・山鳥(とび)・鵜(う)・梟(ふくろう)をはじめとする総勢1万3000余騎,鷺の陣営は鶴・鵲(かささぎ)・雁金(かりがね)・鴨・鴛(おしどり)・鷗などの2500余騎。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あろかっせんものがたり【鴉鷺合戦物語】

御伽おとぎ草子。二巻もしくは三巻。一条兼良かねら作といわれる。室町時代に成立。祇園林の烏からすと糺ただすの森の鷺さぎの戦争を擬人化して描いた物語。鴉鷺物語。鴉鷺記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴉鷺合戦物語
あろかっせんものがたり

室町期の物語で動物どうしの擬軍記。一条兼良(かねら)作とも伝えられる。祇園(ぎおん)林の鴉(からす)である東市佐(ひがしのいちのすけ)真玄(まくろ)が、中鴨(なかかも)の森の鷺(さぎ)である山城守(やましろのかみ)津守正素(つもりまさもと)の女(むすめ)を思いそめ所望するが拒まれ、仲間を梟合(きゅうごう)し中鴨を攻めた。黒い鳥の真玄方には鵄(とび)出羽法橋(ほうきょう)、鶏(にわとり)漏刻博士が、白い鳥の正素方には鶴(つるの)紀伊守、青鷺信濃守(しなののかみ)らが集い、一大合戦となった。鴉方が敗れ、鴉の真玄は高野山(こうやさん)に登り、仏法僧の手で出家、勝者の正素もともに念仏修行した、という筋。『精進(しょうじん)魚類物語』より後出で、これと並ぶ異類小説である。[秋谷 治]
『横山重・松本隆信編『室町時代物語大成2』(1974・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鴉鷺合戦物語の関連キーワード室町時代横山重ぎおん御伽応仁

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android