珍客(読み)チンキャク

デジタル大辞泉 「珍客」の意味・読み・例文・類語

ちん‐きゃく【珍客】

珍しい客。また、思いがけない客。ちんかく。「珍客が訪れる」
[類語]客人来客訪客来訪者訪問者賓客来賓まろうどゲスト先客弔客

ちん‐かく【珍客】

ちんきゃく(珍客)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「珍客」の意味・読み・例文・類語

ちん‐きゃく【珍客】

  1. 〘 名詞 〙 めずらしい客。めったに来ない客。また、来訪を考えてもみなかった客。ちんかく。〔文明本節用集(室町中)〕
    1. [初出の実例]「或は田舎大臣の珍客(チンキャク)、或は一わけありて首尾したる初度の祝義などは」(出典評判記色道大鏡(1678)二)

ちん‐かく【珍客】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「かく」は「客」の漢音 ) =ちんきゃく(珍客)日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android