もつれ雲(読み)もつれぐも

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もつれ雲
もつれぐも

雲の国際分類表のなかの変種の一つ。巻雲(けんうん)(類)のなかの毛状雲(種)の変種として分類されている。したがって毛状巻雲やその他の巻雲とともに存在する場合が多い。非常に不規則に曲がり、もつれた感じの雲形となっている。寒冷前線のくる前に現れることが多い。[藤原滋水]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のもつれ雲の言及

【雲】より

…ふつう絹雲,高積雲,層積雲などの変種がある。 もつれ雲絹雲の毛状の構造がもつれあっているとき,これを指していう。 肋骨雲魚の骨や肋骨のように濃密な直線状の雲を真ん中にして直角に縞模様が出ているもの。…

※「もつれ雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android