コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲形 うんけいcloud form

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲形
うんけい
cloud form

雲の巻雲巻積雲巻層雲高積雲高層雲乱層雲層積雲層雲積雲積乱雲の 10類が基本形(→十種雲形)。大部分の類はさらにその形や内部構造に基づいて種に,また雲片の配列の仕方や透明度に基づいて変種に細分される。種には毛状雲,かぎ状雲,濃密雲,塔状雲,ふさ状雲,層状雲,霧状雲,レンズ雲,断片雲,へん平雲,並雲,雄大雲,無毛雲,多毛雲,変種には肋骨雲,もつれ雲,波状雲放射状雲,蜂の巣状雲,二重雲,半透明雲,すきま雲,不透明雲がある。部分的に特徴のある形の雲として,かなとこ雲乳房雲尾流雲,降水雲,アーチ雲,漏斗雲,頭巾雲,ちぎれ雲,ベール雲がある。以上の雲の分類法は世界気象機関 WMOによって定められ,国際的に用いられている。雲形の科学的な分類は 1803年,イギリスの気象学者ルーク・ハワードによって行なわれた。シート状の薄い雲の層を「層雲」stratus,もくもく盛り上がった雲を「積雲」cumulus,上層の繊維状・羽毛状の雲を「巻雲」cirrusとする 3種類を基本形に,さらに,雨をもたらす雲を nimbusとし,ほかに 4種類を加えて合計 7種類に分類した。その後,イギリスの気象学者ラルフ・アバークロンビーが,スウェーデンの気象学者フゴ・ヒルデブランドソンとともに 1887年に 10種類に分類した。国際的には 1896年,WMOの前身である国際気象会議 IMOにより 10の基本形が作成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うん‐けい【雲形】

雲の形。
雲級(うんきゅう)

くも‐がた【雲形】

たなびいた雲の形。また、それを描いた模様や彫刻。「雲形格子」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

雲形【うんけい】

雲形には国際的に統一された分類法(国際雲級)があり,世界気象機関の国際雲図帳は以下のように分類。1.類 十種雲形。2.種 構造その他の特徴により毛状,かぎ状,レンズ状,雄大,多毛など14種に小分けし,類の名称の前に形容詞としてつける。
→関連項目薄曇雲量雲粒晴(気象)レンズ雲

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うんけい【雲形】

雲の形。 → 雲級
くもがた(雲形) 」に同じ。

くもがた【雲形】

雲のたなびいた形を描いた模様。うんけい。 「 -斗栱ときよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雲形の言及

【雲】より

…この量が大きいと雨滴の形成の速度が大きくなり,降雨の開始と密接な関係がある。
【分類】
 雲の形を雲形といい,おもに形態的特徴から世界気象機関(WMO)の《国際雲図帳》では類,種,変種と細分している。このうち類には10種あり,一般にこの基本形を10種雲形(雲級)と呼んでいる(表,図4)。…

※「雲形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲形の関連キーワード雲形病(リードカナリーグラス)雲形病(ライグラス)葉枯病(フェスク)晴(気象)雲立ち涌きスプライン隅赤・角赤気象要素すやり霞雲形定規曲線定規繧繝雲形高麗縁きゅう鶺鴒台下層雲真珠雲雲脚台夜光雲村雲絞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲形の関連情報