もて離(読み)もてはなる

精選版 日本国語大辞典の解説

もて‐はな・る【もて離】

(「もて」は接頭語)
[1] 〘自ラ下二〙
① 関係やつながりが、全く絶える。ひどく離れる。隔絶する。
※大和(947‐957頃)六「たぐへやるわがたましひをいかにしてはかなきそらにもてはなるらむ」
② 取り合わないでいる。かかわりをもたないでいる。
※蜻蛉(974頃)中「もてはなれたるさまにのみいひなし給ふめれば」
③ すっかり相違する。本筋からはずれる。見当をはずれる。かけはなれる。
※春曙抄本枕(10C終)八五「はづしたる矢の、もてはなれてことかたへゆきたる」
源氏(1001‐14頃)宿木「いかなりし事ぞと、気色どり給ふに、ことのほかにもてはなれぬ事にしあれば、言はん方なくわりなくて」
[2] 〘他ラ下二〙
① 脱却する。関わりを断ち切って捨て去る。
※源氏(1001‐14頃)初音「みづからのあざればみたるかたくなしさをもてはなれよと思しかど」
② 遠ざける。わざと会わないようにする。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「さしもあるまじき事にかどかどしくくせをつけ、愛敬なく人をもてはなるる心あるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android