見当(読み)けんとう

精選版 日本国語大辞典「見当」の解説

けん‐とう ‥タウ【見当】

[1] 〘名〙
① めざすべき、だいたいの方向。めあて。
※合巻・金儲花盛場(1830)上「楊弓〈略〉きさまのあなをねらっているが、とかくけんとうがはづれる」
② だいたいの推測、判断をすること。予想すること。価値などを見計らうこと。また、その結果。
※塵芥集‐蔵方之掟(1533)「絹布之類者、見当半分仁可取」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「自己の何物かは中々見当がつき悪くいと見えて」
③ 弓矢などの的(まと)
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉八「此次(たび)は所謂標的(ケントウ)を連ねて、墨を塗り、これを印す」
④ 版画や印刷などで、摺る紙の位置を決めるための目印。〔版画の技法(1927)〕
[2] 〘接尾〙 数詞について、おおよその数である意を表わす語。…ぐらい。…内外。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉四「まア、今はトウエンテイ見当の月給で結構だよ」

み‐あて【見当】

〘名〙
① 行き先の目じるし。目標。めあて。
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)五幕「二丁ばかり行くと、直に明りが見えるから、その火かげを見当(ミアテ)に行くがいい」
② 先行きの予想、また、予定。将来の見込みや、心づもり。めあて。めど。けんとう。
※歌舞伎・敵討噂古市(正直清兵衛)(1857)三幕「それも一つはこっちの見当(ミアテ)、素人ながら押出は、一と言って二丁目につづく者のない器量

みえ‐あた・る【見当】

〘自ラ四〙 自然にみつかる。見あたる。
※狂言記・盗人連歌(1730)「又誰殿は、両人共に見知ていられます程に、自然みへあたりたりとも、別の事も御座るまひ」

み‐あた・る【見当】

〘自ラ五(四)〙 捜していたものが見つかる。目につく。
浮世草子・好色万金丹(1694)二「古き書にては見あたり侍らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「見当」の解説

けん‐とう〔‐タウ〕【見当】

大体の方向・方角。「駅はこの見当です」
はっきりしていない事柄について大体の予想をすること。見込み。「犯人の見当はついている」「見当をつける」
版画や印刷で、刷る紙の位置を決めるための目印。その形からトンボともいう。
(接尾語的に用いて)数量を表す語に付いて、その程度の数量であることを表す。…ぐらい。「五〇人見当
[類語](1方向/(2見込む見越す見計らう見積もる見極める見据える見定める見届ける予知予断予見勘定計算読み見通し見込み見極め当て目当て目安目処めど展望目標予測予想予期目星可能可能性有りポシブルポシビリティープロバビリティー将来性蓋然性公算成算心当て望み伸び代余地目算駄目で元元駄目元/(4ざっとおよそかれこれほぼ程度くらいばかりほどかた内外プラスマイナス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android