コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見当 ケントウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐とう〔‐タウ〕【見当】

大体の方向・方角。「駅はこの見当です」
はっきりしていない事柄について大体の予想をすること。見込み。「犯人の見当はついている」「見当をつける」
版画や印刷で、刷る紙の位置を決めるための目印。その形からトンボともいう。
(接尾語的に用いて)数量を表す語に付いて、その程度の数量であることを表す。…ぐらい。「五〇人見当

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんとう【見当】

未知の事柄について立てた見込み。予想。 「おおよその-を付ける」 「全く-が付かない」 「 -が外れる」
大体の方向・方角。 「真北はこの-だろう」
弓矢の的まと
版画や印刷で、刷る位置を示す目印。また、多色刷りで、刷り重ねる時の目印。とんぼ。
(数詞の下に付けて接尾語的に用いて)その数量程度であることを表す。 「一万円-の謝礼」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見当の関連キーワード船頭多くして船山に上る目積もり・目積り明後日の方を向く当たりを付ける目処を付ける目星を付ける目安を付ける河童に水練想像が付く目星が付く見当識障害すかまた方角違い料簡違い見当違い見当外れ見計らい御門違い失見当識中積もり

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見当の関連情報