コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そら ソラ

デジタル大辞泉の解説

そら[感]

[感]注意を促すときなどに発する語。それ。「そら行くぞ」「そら見ろ」

そら[副助]

[副助]副助詞「すら」の音変化。
「下品(げぼん)の人―、この太子の形、有様を見ては近づかじ」〈今昔・三・一五〉

そら[連語]

[連語]それは」の音変化。くだけた会話に用いられる。「そらそうだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

そら

長野県上水内郡信濃町にある一茶記念館の初代ねこ館長。黒白柄のオス。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

そら

( 感 )
注意を喚起したり、指示したりするときに用いる語。それ。 「 -、打つぞ」 「 -、行け」 「 -、見ろ」

そら

( 副助 )
〔中古末から中世前期へかけて、主として漢文訓読系統の文に「すら」に代わって用いられた〕
体言またはそれに格助詞の付いたものや体言に準ずる語に付いて、極端な事柄を例として提示し、他の一般を推し量らせる。さえ。すら。 「草木-別離を惜しむなりけり。いかにいはんや人をや/今昔 10」 「此島にて只の都人の行逢たらん-うれしさは限なかるべし/平家 二本・延慶本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

そらの関連キーワード広島県山県郡安芸太田町横川長野県上水内郡信濃町房州一寸そらまめ出水のそらまめ宙溜・中溜鬼の念仏そらまめ作り泣き丹前立髪泣き真似狸寝入り空薫き物恐羅漢山諳んずる空誓文宙六天空約束釣香炉空酔ひ副助詞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そらの関連情報