そら(読み)ソラ

デジタル大辞泉の解説

そら[感]

[感]注意を促すときなどに発する語。それ。「そら行くぞ」「そら見ろ」

そら[副助]

[副助]副助詞「すら」の音変化。
「下品(げぼん)の人―、この太子の形、有様を見ては近づかじ」〈今昔・三・一五〉

そら[連語]

[連語]それは」の音変化。くだけた会話に用いられる。「そらそうだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そら

( 感 )
注意を喚起したり、指示したりするときに用いる語。それ。 「 -、打つぞ」 「 -、行け」 「 -、見ろ」

そら

( 副助 )
〔中古末から中世前期へかけて、主として漢文訓読系統の文に「すら」に代わって用いられた〕
体言またはそれに格助詞の付いたものや体言に準ずる語に付いて、極端な事柄を例として提示し、他の一般を推し量らせる。さえ。すら。 「草木-別離を惜しむなりけり。いかにいはんや人をや/今昔 10」 「此島にて只の都人の行逢たらん-うれしさは限なかるべし/平家 二本・延慶本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そらの関連情報