コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものゆえ モノユエ

デジタル大辞泉の解説

ものゆえ[接助]

[接助]《形式名詞「もの」+形式名詞「ゆえ」から》活用語の連体形に付く。
理由・原因を表す。…だから。…ので。「どうしても行かれぬものゆえ、よろしく伝えていただきたい」
「悔しきことやうやうまさりゆけど、今はかひなき―、常にかうのみ思はば」〈・早蕨〉
「待つ人も来ぬ―にうぐひすの鳴きつる花を折りてけるかな」〈古今・春歌下〉
逆接の確定条件を表す。…ではあるが。…なのに。…けれども。
「波の間(ま)ゆ雲居に見ゆる粟島の逢はぬ―我(わ)に寄そる児(こ)ら(=ワタシト噂サレテイルアノ娘ヨ)」〈・三一六七〉
[補説]古くは2の逆接の意味で使われていたが、平安時代以降、「ゆえ」に引かれ、1の意味が生じた。なお古語では、12の意味で格助詞「に」を伴った「ものゆえに」の形でも用いられる。現代語では順接の意味しかなく、それも書簡など、硬い文語的表現に用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ものゆえ

( 接助 )
〔名詞「もの」と「ゆえ(故)」との複合したものから。古くは「ものゆえに」の形でも用いられる〕
活用語の連体形に接続する。
が原義〕 順接の確定条件を表す。原因・理由などを表す。…ものだから。…ので。…から。 「交通が不便な-、とかく外出するのがおっくうになる」 「その日は何としても都合がつかぬ-、残念ながら会には出られない」 「かくつきなきことを仰せ給ふことと、事ゆかぬ-、大納言をそしりあひたり/竹取」 「参らざらん-に、何と御返事を申すべしともおぼえず/平家 1
逆接の確定条件を表す。…ものだのに。…であるのに。 「年のはに来鳴く-ほととぎす聞けばしのはく逢はぬ日を多み/万葉集 4168」 「うけひかざらむ-、行きかかりて空しう帰らむ後手うしろでもをこなるべし/源氏 須磨」 「なにしかもこぬ-にたのめおきけん/玉葉 恋二」 〔古くはの逆接の用法が普通。のち、の順接の用法が生まれ、これが現代語にも残っている。ただし、現代語でも、書き言葉に用いられるのが一般で、話し言葉としては、やや改まった表現にしか用いられない〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ものゆえの関連キーワード夢想権之助村ハチブ形式名詞祝祭日墨流しいばら逆接鉄漿

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ものゆえの関連情報