コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古語 コゴ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ご【古語】

古い時代の言葉。昔使われて、今では一般には使われなくなった言葉。古言。「古語辞典」
古人の言った言葉。ことわざ、故事などを含めていう。古言。
「―に伝へし雁(かり)がねの翼の文を目の前に、今見ることの不思議さよ」〈浄・用明天王

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こご【古語】

昔使われた言葉で、現在では一般に使われなくなっているもの。古典語。 ⇔ 現代語 「 -辞典」
古人の言ったことば。 「 -にいわく」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古語
こご

現代語としては、普通用いられなくなっている過去のことばを「古語」という。過去に用いられたという事実は、たいてい古典の文献に記されていることによって知られるものであるから、「古典語」とも称せられる。険しい意の「さがし」、マグロの類を表す「しび」のように、現代語としては一般に用いられないもの、かわいい意の「うつくし」、いまのコオロギにあたる「きりぎりす」のように意味が現代語と異なるもの、しばらくの意の「しまらく」、芋(いも)の意の「うも」のように、形が現代語と異なるものなど、現代語との関係は一様ではない。また、現代でも雅語的表現としてなら使われるとか、方言では使われるとか、種々の場合がある。[山口佳紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

古語の関連キーワードゴルスツンスキー搗ち栗/勝ち栗おもろさうしオイラート語アポロドロス先代旧事本紀メランコリー大御膳都神バルトリドモンゴル語司馬遼太郎弁別・分別円珠庵雑記天羽槌雄神有力な方言天棚機姫神池辺真榛櫛明玉命斎部浜成御年の神

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古語の関連情報