やっしゃる(読み)ヤッシャル

デジタル大辞泉の解説

やっしゃる[助動]

[助動]《「やしゃる」の音変化。近世上方語》「やしゃる」に同じ。
「何(いづ)れも見やっしゃれ」〈・幼稚子敵討〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やっしゃる

〘助動〙 助動詞「やしゃる」の変化した語。未然形が一音節である動詞の未然形に付き、尊敬の意を表わす。活用は助動詞「しゃる」に同じ。主に近世上方で用いた語。お…なさる。お…になる。→しゃるやしゃる
※雑俳・へらず口(不及子編)(1734)「となりからもふ寐やっしゃれ美濃の衆」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる